Java.com

ダウンロード ヘルプ

印刷可能バージョン

LinuxおよびはSolaris用のJavaコンソールを有効にして表示するにはどうすればよいですか。


このトピックは、次に当てはまります。:
  • プラットフォーム: Oracle Linux, Oracle Enterprise Linux, Red Hat Linux, SUSE Linux, Ubuntu Linux, Solaris SPARC, Solaris x86
  • Javaバージョン: 8.0

Javaコンソールは、Javaのバージョン、ユーザー・ホーム・ディレクトリ、アプレットやアプリケーションを実行中に発生したエラー・メッセージに関する情報を提供します。Javaコントロール・パネルを使用すると、LinuxおよびSolarisプラットフォームのJavaコンソールを有効にできます

LinuxまたはSolaris用のJavaコンソールの有効化

  1. ターミナル・ウィンドウを開きます。
  2. Javaインストール・ディレクトリに移動します。この例では、Javaは/usr/java/ディレクトリにインストールされています。
    cd /usr/java/jre1.8.0_73/bin
    (Javaをインストールした場所にパスを変更します)
  3. Javaコントロール・パネルを開きます。次のように入力します:
    ./ControlPanel
  4. Javaコントロール・パネルで、「詳細」タブをクリックします。
  5. 「Javaコンソール」セクションの下で、「コンソールを表示する」を選択します。
  6. 「適用」ボタンをクリックします。

言語の選択 | Javaについて | サポート | 開発者
プライバシ  | 使用条件 | 商標 | 免責条項

Oracle