Java.com

ダウンロード ヘルプ

ヘルプ・リソース

Microsoft Windows でのスクリーンショットの取り方


このトピックは、次に当てはまります。:
  • プラットフォーム: Windows 2000, Windows XP, Vista, Windows 2003

ここでは、Windows システムでエラーメッセージのスクリーンショットを取る方法を説明します。 手順:

  1. エラーメッセージのウィンドウをクリックします。
  2. 画面全体のスクリーンショットを取るには、キーボードの Print Screen キーを押します (このキーには PrtScnPrtScrn というラベルが付いていることもあります)。このキーはキーボード上段の F キー (F1、F2 など) の右側にあります。通常は矢印キーと同列の上部にあります。
  3. 現在選択しているプログラムだけのスクリーンショットを取るには、Alt キー (スペースバーの両側にあります) を押しながら Print Screen キーを押します。
  4. スクリーンショットを表示したり画像として保存したりするには、Microsoft ペイントやその他のグラフィックソフトウェアを使います。ここでは、Microsoft ペイントを使用します。
  5. ペイントを開くには、「スタート」->「すべてのプログラム」->「アクセサリ」->「ペイント」を選択します。
  6. ペイントの空白ページが表示されたら、「編集」をクリックし、「貼り付け」を選択します。スクリーンショットが貼り付けられます。
  7. スクリーンショットを保存するには、写真やグラフィックを保存する一般的な手順に従ってください (「ファイル」メニューの「名前を付けて保存」や「上書き保存」を使います)。
  8. 保存先の場所 (ドライブやフォルダ) を選択して、ファイルを保存します。デフォルトの保存先はデスクトップです。「ファイル名」に任意の名前を入力してください。また、「ファイルの種類」ドロップダウンリストから、スクリーンショットのファイル形式を選択することもできます。ここでは、ファイル名に screen01 と入力し、ファイルの種類を .PNG (推奨) として保存します。

注: 保存したファイルは、電子メールに添付して送ることができます。

言語の選択 | Javaについて | サポート | 開発者
プライバシ | 使用条件 | 商標 | 免責条項

Oracle