Java.com

ダウンロード ヘルプ

印刷可能バージョン

Java Deployment Toolkitとは


このトピックは、次に当てはまります。:
  • プラットフォーム: Windows 10, Windows 7, Windows 8, Windows Vista, Windows XP
  • ブラウザ: Firefox, Internet Explorer

Java Deployment Toolkit (DT)には、どのような役割がありますか。
Java DTは、ユーザーのシステムに適したバージョンのJavaの取得を管理するために、Javaアプレットおよびアプリケーションにより使用される、非常に役に立つツールです。開発者は、JavaScriptインタフェースも使用できます。このインタフェースは、リッチ・インターネット・アプリケーション(RIA)のデプロイに必要なHTMLコードを自動的に生成します。

「Java DTプラグインがブロックされました」というメッセージは、Java Plug-inがブロックされたことを意味していますか。
いいえ、Java DTプラグインがブロックされてもJava Plug-inがブロックされるわけではありません。Java DTプラグインは、ユーザーのシステムのJavaバージョンを検出します。Java Plug-inにより、Javaアプレットおよびアプリケーションがユーザーのシステム上のブラウザ内で実行可能になります。

Java Deployment Toolkitプラグインがブロックされた場合はどうなりますか。
Java DTプラグインがブロックされると、Javaバージョン検出メカニズムが無効になります。このため、ユーザーがユーザーのシステム上にあるアクティブなJavaバージョンとは異なる特定のJavaバージョンが必要なJavaアプレットまたはアプリケーションを起動しようとすると、起動に失敗します。

Java DTプラグインが無効な場合、Java Plug-inは機能しますか。
はい、Java DTプラグインが無効な場合でも、Java Plug-inは機能し続けます。

Java DT Toolkitプラグインが無効な場合、deployJava.jsは機能しますか。
はい、deployJava.jsには純粋なJavaScript機能がいくつか含まれており、これらはJava DT Toolkitプラグインが無効な場合でも機能し続けます。


言語の選択 | Javaについて | サポート | 開発者
プライバシ  | 使用条件 | 商標 | 免責条項

Oracle