Java.com

ダウンロード ヘルプ

印刷可能バージョン

どうすれば企業管理のコンピュータ上でセキュリティ・プロンプトを少なくしてJavaアプレットを実行できますか。


このトピックは、次に当てはまります。:
  • Javaバージョン: 7.0, 8.0

Java 7 Update 40 (7u40)では、従業員がアクセス可能なJavaアプリケーションを企業の管理者が管理するデプロイメント・ルール・セット(DRS)機能が導入されました。

デプロイメント・ルール・セット機能によって、企業は、特定のアプリケーションまたはアプリケーション・グループを実行またはブロックしたり、Javaのデフォルト動作に従わせるためのルールを作成できます。
  • 実行ルールに一致するアプリケーションは、セキュリティ・プロンプトなしで実行されます。
  • ブロック・ルールに一致するアプリケーションは、自動的にブロックされます。
システムにインストールされているアクティブなルール・セットは、Javaコントロール・パネルの「セキュリティ」タブから表示できます。

デプロイメント・ルール・セット機能はオプションで、制御されたコンピューティング環境を持つ組織によって使用されることのみを目的としています。

この機能のサマリーは、デプロイメント・ルール・セットのドキュメントを参照してください


次のものにも関心を持たれるかもしれません:




言語の選択 | Javaについて | サポート | 開発者
プライバシ  | 使用条件 | 商標 | 免責条項

Oracle