Java.com

ダウンロード ヘルプ

印刷可能バージョン

JavaとGoogle Chromeブラウザ


このトピックは、次に当てはまります。:
  • ブラウザ: Chrome
  • Javaバージョン: 7.0, 8.0

ChromeはNPAPI (Javaアプレットに必要な技術)をサポートしなくなりました

Webブラウザ用のJavaプラグインは、クロス・プラットフォーム型のプラグイン・アーキテクチャであるNPAPIを利用しています。このNPAPIは、すべての主要Webブラウザで10年間にわたってサポートされてきました。GoogleのChromeバージョン45 (2015年9月にリリース予定)ではNPAPIのサポートが廃止されます。これはSilverlight、Java、Facebook Videoおよび他の同様のNPAPIベースのプラグインに影響を与えます。

JavaアプリケーションはWebブラウザを使用して、Web Startアプリケーションとして(起動後はブラウザと対話しません)またはJavaアプレットとして(ブラウザと対話することがあります)提供されます。この変更は、Web Startアプリケーションには影響せず、アプレットにのみ影響します。

Chromeを使用したJavaアプリケーションへのアクセスに問題がある場合は、かわりにInternet Explorer(Windows)またはSafari(Mac OS X)を使用することをお薦めします。

Chromeユーザーをサポートする別の方法を探している開発者およびシステム管理者は、Web Startアプリケーションの起動に関するこのブログを参照してください。


関連情報




言語の選択 | Javaについて | サポート | 開発者
プライバシ  | 使用条件 | 商標 | 免責条項

Oracle