Java.com

ダウンロード ヘルプ

印刷可能バージョン

Javaの古いバージョンおよび関連ドキュメントはどこで入手できますか。

アラート・アイコンユーザーがJavaの古いバージョンをすべてシステムから削除することを強くお薦めします。Javaの古くてサポートされていないバージョンをシステム上に残しておくと、重大なセキュリティ・リスクが生じます。Javaの古いバージョンをシステムから削除すると、Javaアプリケーションは最新のセキュリティと向上したパフォーマンスで実行されるようになります。

入手可能な最新のバージョンは古いバージョンと互換性があります。ただし、一部のJavaアプリケーション(またはアプレット)は特定のバージョンへの依存を示し、そのバージョンをインストールしていないと実行されない場合があります。

  • Javaベースのアプリケーション用に異なるバージョンをインストールするよう指示された場合、まずは最新のバージョンを試してください。
  • アクセス先のアプリケーションまたはWebページが古いバージョンのJavaを必要としている場合は、プロバイダ/開発者に報告して、Javaの全バージョンと互換性を持つようにアプリケーションを更新するようリクエストしてください。

Java 7ダウンロードはどこから入手できますか。

2015年7月: Java 7のアップデートは一般に提供されなくなりました。オラクル社では、Javaサポートを購入したユーザー、またはJava 7が必要なOracle製品を所有するユーザーのみにJava 7のアップデートを提供しています。

古いバージョンのJavaをダウンロードするにはどうすればよいですか。

Javaの他のバージョンを入手するには、Javaアーカイブのダウンロード・ページにアクセスしてください。Javaの最新バージョンをjava.comからインストールすることをお薦めしました。

Java 6をダウンロードするにはどうすればよいですか。

「Java 6のFAQ」を参照してください。

Java SE 7のパブリック・アップデートの終了通知

2015年4月以降、オラクル社ではパブリック・ダウンロード・サイトにJava SE 7のアップデートを公開しません。2015年4月時点ですでに公開されている既存のJava SE 7ダウンロードは、Oracle Technology NetworkのJavaアーカイブで引き続きアクセスできます。開発者およびエンドユーザーは、パブリック・アップデートとセキュリティ機能強化を受け続けるために、引き続きパブリック・ダウンロードが可能な最新のJava SEバージョンに更新することをお薦めします。
» Java SEパブリック・アップデート
» Oracle Java SE商用製品リリース


次のものにも関心を持たれるかもしれません:



言語の選択 | Javaについて | サポート | 開発者
プライバシ | 使用条件 | 商標 | 免責条項

Oracle