Java.com

ダウンロード ヘルプ

印刷可能バージョン

サード・パーティのスポンサのオファーなしでJavaをインストールするにはどうすればよいですか。


このトピックは、次に当てはまります。:
  • プラットフォーム: Windows 7, Windows 8, Windows Vista, Windows XP, Windows 10, Mac OS X
  • Javaバージョン: 7.0, 8.0

Javaのリリースによっては、ユーザーがインストールできるサード・パーティのスポンサのオファーが提示されます。Javaのインストール時にサードパーティのスポンサのオファーが提示されないようにするには、2つの方法があります。

オプション1: Javaコントロール・パネルで無効化する(推奨方式)
オプション2: 特定のコマンド・プロンプト方法でJavaをインストールして無効化する

オプション1: Javaコントロール・パネルでスポンサを無効化する(推奨方式)

Java 7 Update 65 (7u65)およびJava 8 Update 11 (8u11)リリースまで、インストール時にスポンサのオファーを無効化する方法は、インストール中にオプションを選択解除するか、SPONSORS=0をコマンド行オプションとして渡すかのどちらかでした。7u65および8u11リリース以降、スポンサを無効化する新しいJavaコントロール・パネル(JCP)オプションが使用可能になりました。このオプションを使用するには、JCPの「詳細」タブで、「Javaの更新時にスポンサのオファーを表示しない」を選択または選択解除します。このオプションは32ビットおよび64ビットのWindowsオペレーティング・システムに適用され、Java 8 Update 40以降、Mac OS Xシステムで使用可能です。

Javaコントロール・パネルへのアクセス

» Windows
» Mac OS X

スポンサ・オファーを無効化するチェックボックス


オプション2: 特定のコマンド・プロンプトを使用してJavaをインストールし、スポンサのオファーを無効化する

8u11および7u65以降のJavaバージョンの場合、オプション1で説明されている簡単な方法を使用してオファーを無効化します。

Javaのインストール時にサードパーティのスポンサのオファーが提示されないようにするには、フラグを指定した特定のコマンド・プロンプト方法を使用してJavaをインストールします。このコマンド・プロンプトを使用したJavaのインストールにより、スポンサのオファーは現在および今後のリリースのJavaで無効化されます。

注意: このコマンド・プロンプト方法では、すでにインストールされているスポンサがアンインストールまたは削除されることはありませんが、今後のスポンサのオファーはすべて阻止されます。この手順を適用できるのは次の場合です。

  • Microsoft Windows 32ビットのオンライン・インストーラ(Javaリリース7u55以降)
  • Apple OS X 64ビット・インストーラ(Java 8u40リリース)

この手順を、Microsoft Windows用Javaオフライン・インストーラ、7u55より前にリリースされたWindows用Javaオンライン・インストーラに実行しても、スポンサーのオファーは無効化されません。Macのコマンド・プロンプトによる手順は8u40リリースに適用されます。

Mac OS X (8u40リリース)

  1. Macインストーラ・バンドルをダウンロードします(DMGアーカイブです)
  2. ダブルクリックしてアーカイブをマウントします
  3. ターミナル・ウィンドウを開き、マウントしたアーカイブを指定します
  4. openコマンドでインストーラを起動し、SPONSORS=0引数を渡します

open <ダウンロードしてマウントしたインストーラの.appのパス> --args SPONSORS=0


open /Volumes/Java\ 8\ Update\ 40/Java\ 8\ Update\ 40.app --args SPONSORS=0


Microsoft Windows (7u55以降)

コマンド・プロンプトを使用してJavaをインストールする手順の概要は次のとおりです。
  1. ローカル・システムへのオンライン・インストーラのダウンロード
  2. コマンド・プロンプト方法を使用したJavaのインストール
ローカル・システムへのオンライン・インストーラのダウンロード
  1. Windows Onlineインストーラをクリックします。
  2. 「ファイルのダウンロード」ダイアログ・ボックスで「保存」をクリックします。
  3. 保存先として、ローカル・システムのフォルダを選択します。
    ヒント: ご使用のコンピュータのわかりやすい場所(ディスクトップ、「ダウンロード」ディレクトリなど)にファイルを保存します。
コマンド・プロンプト方法を使用したJavaのインストール
  1. 「スタート」をクリックします。「プログラムとファイルの検索」ボックスに「コマンド」と入力します。
  2. 一致する項目のリストが表示されます。「プログラム」リストにある「コマンド プロンプト」をクリックします。
  3. インストールを開始するには、「コマンド プロンプト」ウィンドウで「ダウンロード」ディレクトリに移動します
    • cd Downloads
      続いて、次のように入力します:
    • jre-7u55-windows-i586-iftw.exe SPONSORS=0

    ここで、SPONSORS=0はJava更新でスポンサのオファーを無効化するフラグです。

    Javaのインストールを開始するコマンド

    注意: 上の例は、Javaバージョン7u55が「ダウンロード」ディレクトリにダウンロードされていることを示しています。別の場所にJavaをダウンロードした場合は、正しいディレクトリを指定する必要があります。
  4. プロンプトに従って、インストールを完了します。

次のものにも関心を持たれるかもしれません:




言語の選択 | Javaについて | サポート | 開発者
プライバシ  | 使用条件 | 商標 | 免責条項

Oracle