Java.com

ダウンロード ヘルプ

ヘルプ・リソース

どうすれば手動で Java をダウンロードして Windows コンピュータにインストールできますか。


このトピックは、次に当てはまります。:
  • プラットフォーム: Windows 8, Windows 7, Vista, Windows XP, Windows 2008 Server
  • Javaバージョン: 6.0, 7.0

Java のインストールでは、次の作業を行います。
  1. ダウンロードとインストール
  2. インストールのテスト
» Windows システムの動作環境

標準のダウンロードサイズは 10M バイト (最小構成) です。 追加機能を選択した場合、サイズが大きくなることがあります。

注意: Javaをインストールするには、ご使用のコンピュータでWindowsへの管理者アクセス権を取得する必要があります。


ダウンロードとインストール
オンラインインストールを開始する前に、インターネットファイアウォールを無効にしておくことをお勧めします。ファイアウォールのデフォルト設定が、自動インストールや Java オンラインインストールなどのオンラインインストールをすべて拒否する設定になっている場合があります。ファイアウォールが適切に設定されていない場合、特定の条件下において Java のダウンロード/インストール処理が中断される可能性があります。インターネットファイアウォールを無効にする手順については、お使いのインターネットファイアウォールのマニュアルを参照してください。

  • 手動ダウンロードページに移動します。
  • 「Windows Online」をクリックします。
  • ダウンロードするファイルを実行するか保存するかを尋ねる「File Download (ファイルのダウンロード)」ダイアログボックスが表示されます。
    • インストーラを実行するには、「Run (実行)」をクリックします。
    • ファイルを保存して後でインストールするには、「Save (保存)」をクリックします。
      保存先として、お使いのコンピュータのフォルダを選択します。
      ヒント: デスクトップなどのように、コンピュータ上のわかりやすい場所にファイルを保存してください。
      保存したファイルをダブルクリックし、インストールを開始します。
注: インストールした Java をブラウザ内で有効にするには、ブラウザをいったん終了してから再起動する必要があります。

無効化されたJavaに関する通知とプロンプトの復元
インストーラは、JavaコンテンツがWebブラウザで無効化されているかどうかを通知し、それを有効化する手順を提供します。以前にアプレットおよびJava Web Startアプリケーションの一部のセキュリティ・プロンプトを非表示にするよう選択した場合、インストーラによりプロンプトを復元するオプションが提供されます。インターネット・ブラウザの再起動を求めるプロンプトが表示されたときに再起動しないことを選択すると、インストーラがコンピュータの再起動を要求する場合があります。



インストールのテスト
Java がコンピュータにインストールされ、適切に機能することをテストするには、テストアプレットを実行します。


言語の選択 | Javaについて | サポート | 開発者
プライバシ | 使用条件 | 商標 | 免責条項

Oracle