Java.com

ダウンロード ヘルプ

印刷可能バージョン

Javaコントロール・パネルでJava更新設定が保存されないのはなぜですか。


このトピックは、次に当てはまります。:
  • プラットフォーム: Windows 8, Windows 7, Vista
  • Javaバージョン: 6.0

症状

Javaコントロール・パネルのJavaアップデート設定を変更しても効果がありません。


原因

この問題の根本原因はポリシー・レジストリ・キーです。このレジストリ・キーの値を変更できるのは管理権限を持つユーザーだけです。オラクル社ではこの問題を認識しており、今後のリリースで解決する予定です。


解決策

この問題の回避策は、Javaコントロール・パネルを管理者として実行してから、Javaアップデート設定を変更することです。
注意: Windows Vistaオペレーティング・システムのユーザー・アカウント制御(UAC)で管理者権限を持つユーザーであっても、Javaコントロール・パネルを管理者として実行する必要があります。

Javaコントロール・パネルを管理者として実行するには、次の手順に従います。
  1. 「スタート」をクリックします。「プログラムとファイルの検索」ボックスに「コマンド」と入力します。
  2. 一致する項目のリストが表示されます。「プログラム」リストにある「コマンド プロンプト」を右クリックします。
  3. 「管理者として実行」をクリックします
  4. Javaコントロール・パネルを開くには、コマンド・プロンプト・ウィンドウで次のように入力します。
    "c:\Program Files\Java\jre6\bin\javacpl.exe"

    Javaコントロール・パネルの起動
  5. Javaコントロール・パネルで、「更新」タブをクリックします。
  6. アップデートの通知の設定を目的の設定に変更します。
    注意: 管理者としてシステムにログインしていない場合、Java更新の通知を変更するためのオプションは無効になり、変更できません。
  7. 「適用」「OK」の順にクリックして、設定を保存します。

次のものにも関心を持たれるかもしれません:



言語の選択 | Javaについて | サポート | 開発者
プライバシ | 使用条件 | 商標 | 免責条項

Oracle